ちょっぴりかくしちゃった夢物語



about
このページは、「夢物語」のちょっぴりかくしちゃったおまけページです。
……というか、ほとんど物置部屋です。
けっこう遊んでいますので、了承の上、ご覧くださいませ。


side story
「ダイキライ」と「ペテン師」のパラレル番外編。
誰と誰が似ているの?
「ダイキライ」の由布視点。
(1)(2)(3)(4)
2004.12.01 / 1周年企画
もしも「悠久の風に吹かれて」の世界に、「ダイキライ」と「ペテン師」のキャラが迷いこんじゃったら?パラレル番外編。
葵瑛が、宴の松原で、鬼から脅しとったその巻子は……?
(1)(2)(3)(4)(5)
2004.12.12 / 1周年企画
「ダイキライ」執事が見たヒトコマ4のおまけ話。
夕食中、突然吐き気を訴える茗子に、夏樹と久能は……?
久能視点。
2006.01.03 / 2周年企画
「ダイキライ」シンデレラパロディ。
2006.04.01 / おばかさんの日企画
「ペテン師」あかずきんパロディ。
2006.04.01 / おばかさんの日企画
「ファンタジア」白雪姫パロディ。
2006.04.08 / おばかさんの日企画おまけ
「咲き待ちの花」ぷちクリスマス話。
(1)(2)
2006.12.24 / クリスマス企画
「咲き待ちの花」ぷちお正月話。
偲視点。
(1)(2)
2007.01.01 / お正月企画
「ファンタジア」お遊び番外編。
鬼栖が大好きなお姫様が悪の大魔王にさらわれた。
お姫様を助けるための鬼栖の戦いがはじまる。
(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)
2007.04.01 / おばかさんの日企画
「ちびっこ勇者鬼栖のお姫様救出大作戦!」おまけ話。
鬼栖が魔王の手下たちと戦っていたその頃、魔王とお姫様は、何をしていたかというと……。
2007.04.01 / おばかさんの日企画
「ファンタジア」番外編。
玲央は知っている。神々に愛されたその子らを。
「終焉」のさらに先のお話。
2008.04.01 / おばかさんの日企画
「ダイキライ」番外編。
久能を救い、そしてすべてを捧げると決めた、あの出会い。
久能視点。
(1)(2)
2008.04.01 / おばかさんの日企画
「悠久の風に吹かれて」番外編。
宮中一困ったじいさまの日常。
(1)(2)
2008.04.01 / おばかさんの日企画


long story
すべては、あの時にはじまっていた。
思いのすべてをこめ、この花をあなたへ捧げよう。
それぞれが、花にこめたその思いは――。
※作中の事件、事象等は、歴史的事実とは異なります。
オンマウスで各話の簡単なストーリー紹介がでます。

1.紫苑 / 2.鈴蘭 / 3.デイジー / 4.グラジオラス / 5.パンジー
6.忘れな草 / 7.水仙 / 8.竜胆 / 9.クリスマスローズ / 10.ネリネ
11.スイートピー / 12.連翹 / 13.ニゲラ / 14.アイリス / 15.撫子
16.カーネーション / 17.紫陽花 / 18.ジャスミン / 19.ストック / 20.彼岸花
21.待つ宵草 / 22.チューリップ / 23.銀木犀 / 24.ローズマリー / 25.花巡り


2002.05.24〜2003.07.16

middle story
海からの風を受ける、坂の頂にある家から奏でられてくる優しい音楽。
ある日、ピアノの音色が、咲良に出会いをもたらす。
目の前に現れたのは、その音色のように優しく微笑む瑠威だった。
二人は、知らず知らず惹かれあい――
高校三年の春。
美憂の学校に、先生がやってきた。
桜並木で、見送る先生の背中。
先生はこの思いを、一時の熱病、風邪というけれど……。
それなら何故、この微熱は終わりを知らないの?
クリスマスパーティーのダンス。
生徒会長でおさななじみのまさみちゃんと、一緒に踊りたいひなだけれど……。
「あるぐる」の魔々さんとの、クリスマス限定コラボレーション。
茜の幼馴染耀は、秀才の誉れ高いと思えば、同時に変人との悪名もとっても高い。
ある日、茜は耀が作ったホレ薬の人体実験に無理矢理つきあわされるはめになってしまう。
しかも、そのど阿呆な薬の実験が成功してしまったがため、茜のもてもてライフ――もとい、受難の日々がはじまる。
「あるぐる」さんとの共同企画『桃郷学園物語』。

short story
今宵、天使が舞い降りる。
だけど、それでいいの? 本当にいいの?
クリスマスのお話。
2002.12.18
サンタの贈り物は、いくじなしのサンタクロース?
クリスマスのお話。
2008.12.25
海が呼んでいる。
海に手招きされるまますすめば、そこには幸せが待っているの?
2009.04.01 / おばかさんの日企画




material : clef
(C) Sayaki