予感……
(1)

 限夢界、茅邸。
 ここは相変わらず、茅のその容姿からは想像のできない程、きめ細かな気遣いがなされた屋敷である。
 その屋敷の玄関前に、柚巴を連れた使い魔たちが姿を現した。
 何もなかったその景色の中に、すうっと溶け込むように。
 柚巴と竜桐が目配せをし、竜桐が大きな扉に取りつけられたドアベルに触れようとした時、ぎぎ〜っと音を鳴らせ、その扉がゆっくりと開いた。
 そして、中から茅が姿を現す。
 茅は、玄関前に柚巴たちの姿を確認すると、にっと笑った。
「ああ。待っていたぜ、姫さん」
 そう言って、柚巴たちを出迎える。
「では、何か進展でも……!?」
 柚巴は、予想外のその茅の行動と言葉に、期待を込めて見つめる。
 この茅の言動から、もしかすると、こちらの世界ではまうい具合に事が進展していたのでは!?と、微かに期待した。
 柚巴のその反応を見て、茅はたらりと一筋の汗を流す。
「それが、実はな……」
 気まずそうに茅が答える。
 そして、ちろちろと、竜桐を気にするように視線を泳がす。
「まったくなかったというわけだな?」
 柚巴の後ろに控えていた亜真が、さらりと言った。
「う〜わ〜、ご名答。さすがは三銃士さまだ」
 茅はそう言っておどけ、誤魔化し笑いをする。
「まあ、いい。わかっていたことだ」
 竜桐がその話題はもういいというように言った。
 まったく茅は……。
 何もないのなら、そんな期待を持たせるような言動は謹んでもらいたいものだ。
 これではぬか喜びである。
「しかし、こちらは少しわかったことがあるのですよ」
 誤魔化し笑いをする茅に向かって、由岐耶が無表情でそう言った。
 由岐耶は、どうもあれ以来、竜桐をあまりよく思えなくなってしまったようで、どこか竜桐に対してとげとげしい態度をとる。
 それは誰が見ても容易にわかることだった。
 だから柚巴は、そんなニ人を心配そうに見ている。
「なんだ? それは」
 茅が由岐耶のその言葉に、少し驚いたように言った。
 じっと由岐耶の顔を見る。
 嚇鳴も茅の後ろから、ひょいと興味深げに顔を出した。
 どうやら嚇鳴は、ニ日前からずっと茅の屋敷にとどまり、茅と一緒にあれやこれやと走りまわっているらしい。
 三銃士に脅されて、渋々加わっているわりには協力的である。
「世凪の狙いが、またわからなくなった」
 頭を抱えて由岐耶が言った。
「はあ!? 何だよ、それ! マジかよ!? あんた、自分が言ってること、わかっているのか!?」
 嚇鳴が思いっきり馬鹿にして言う。
 せっかくわかりかけていた世凪の目的が、またわからなくなったとは……冗談にしてもほどがある。
 そして、それのどこが、少しわかったことなのだろう。
 もともと世凪の狙いなど誰も知らないのだから、わからないも何もないのだけれど……。
「わかって言っているさ。なにしろ……世凪は、王族側の者ではなかったのだからな」
 由岐耶ははき捨てた。
 そして、じっと地面を見つめる。
 その地面すれすれの由岐耶の足のまわりでは、小さなつむじ風が起こっていた。
 由岐耶は水系の力を操るが、それはその力によるものではなく、由岐耶の内からにじみ出る怒りによって起こされた風らしい。
「どういうことだ!?」
 嚇鳴はともかく、茅はそんな由岐耶の足元の風に気づいていたが、それには触れず険しい顔をしている。
「そういうことですよ。世凪自ら言ったのだから。王族についているのではなく……。むしろ、嫌っていますね。あの様子では」
 はあっと大きくため息をもらし、疲れたように由岐耶は茅を見る。
「そして……誰よりも、王族に縁のある人だとも思います……」
 柚巴もじっと茅を見て、どこか落ちつきはらってそう言った。
「なんだよ、それ? もう、訳がわからんな……」
 茅は、もうこれ以上考えるのは疲れたとでも言いたげに、すぐ横にあった玄関の扉にどっともたれかかった。
「だから、我々も困っているのだ」
 竜桐は、先ほどからずっと険しい顔をしている。
 いつになっても世凪の真の目的がわからず、内心、かなり焦っているらしい。
「誰よりも王族に近くて、そして王族を嫌っている……。一体、何者なんだ? あの世凪という男は!」
 紗霧羅が、がじっと爪を噛む。
 その様子を、柚巴はじっと見ていた。
 そして、ふいに視線を戻し、使い魔たちを見まわす。
「ねえ……。少しさぐりを入れてみない?」
 突然、柚巴がそんなことを言い出した。
 すると使い魔たちは、一斉に柚巴に注目する。
 その場の空気が、微かな動揺をはらんでいる。
「さぐり……!?」
「うん。幸いこちらには、莱牙さまという強い味方がいるのだもの。莱牙さまに、さりげなく王族にさぐりを入れてもらうのよ。世凪を知っているか……という程度でいいわ」
 柚巴は確認するように、使い魔たちとは少しはなれ、いちばん後ろでむすっと立っていた莱牙に視線を移した。
「……別にかまわないが、それでどうにかなるのか?」
 莱牙は腕組みをし、怪訝な顔で柚巴を見ている。
「ええ。もし世凪と何か深く関わりがあるとしたら、動揺するはずだわ。そして、もしそんな人がいれば、徹底的にマークするのよ。そうすれば、上手くいけば、世凪と接触しているところを確認できるかもしれない。あとはもう、その人をせめまくればいいでしょう?」
 にやりと不敵な笑みを浮かべる。
「……姫。しかし、それが、果たして上手くいくかどうか……」
 竜桐はあまり乗り気ではない。
 どこか困ったように柚巴を見ている。
 竜桐にしてみれば、今の柚巴らしからぬ不敵な笑みはもちろん怪訝に思えたが、それは最近の柚巴の傾向からあり得ないことでもないので、この際気にすることはやめておいた。
 しかし、問題は莱牙である。
 竜桐はまだ、莱牙を認めていない。
 柚巴の使い魔になったことも、柚巴に特別な感情を抱いていることも、竜桐は面白く思っていない。
 いや、それ以前に……ここに莱牙がいること自体、不愉快極まりない。
 今でも、どうにかして、莱牙を柚巴の使い魔から引きずり下ろすことを考えている。
 柚巴の目覚めはじめた力もあり、あまり王族とは接触させたくはない。


* BACK * NEXT *
* TOP * HOME *
update:03/08/15