片道切符
(3)

「りゅ、竜桐さん?」
 伽魅奈に辛らつな言葉をあびせる竜桐を、信じられないとばかりに柚巴は凝視する。
 ぽかんと、呆然としているようでもあった。
 あの、度が過ぎるほどの真面目一直線、融通がきかない竜桐が、仮にも王族にこの仕打ちである。
 このような竜桐の態度は、竜桐をよく知る柚巴ならば、余計に信じられるものではない。
 一緒にやってきた使い魔たちは、それがさも当たり前とばかりに、しらっとしている。
 当然のことながら、世凪と莱牙が、伽魅奈に情けの一つですらかけるわけがない。
 眼中に入れるのも面倒とばかりに、我関せずでそこにいる。
 もちろん、世凪は、腕の中に、いまだがっちりと柚巴をとらえていた。
 おろおろと、状況を把握できていない柚巴に、竜桐はふっと申し訳なさそうに優しく微笑む。
 その微笑みに、柚巴が少し肩の力を抜いたことを確認すると、再び伽魅奈に厳しい視線を落とした。
「この伽魅奈姫は……いえ、もう伽魅奈でよいでしょう。大罪人なのですから」
 はき捨てるように言う竜桐に、柚巴はますます首をかしげていく。
 先ほどから、まったく事態を把握できていない。
「……?」
 首をかしげる柚巴に、竜桐はやはり優しく、だけど少し困ったように微笑みかける。
 そして、伽魅奈にあてつけるようにはあと大きなため息をもらし、再び口を開いた。
「この女は、残り少ないパルバラの薬を、台無しにしてしまったのです」
 そう言うと、再びぎろりと伽魅奈をにらみつけた。
 その目に込められているものは、非難と蔑みだった。
 竜桐のにらみが入ると同時に、伽魅奈は小さな悲鳴をあげ、がたがたと小刻みに震えだした。
 相当、竜桐のにらみがきいたとみえる。
 いつもどこか自信たっぷりのあの伽魅奈が、おびえているように見えるのだから。
 そしてまた、今竜桐が口にしたことが本当であれば、伽魅奈はとんでもないことをしでかしたことになる。
 それだけは、柚巴にも容易にわかってしまった。
 世凪の腕の中、険しい表情できゅっとその腕を握り締めた。
 そんな柚巴を、世凪は変わらず、労わるように抱き続ける。
「本当のことだ。その姫さまは、虚空薬を求めて呪術部屋に侵入したのはよいが、それを虎紅に見とがめられ、慌ててすぐ近くにあったバルバラの薬の瓶をわったのだ」
 竜桐の言葉に、柚巴がなかなか言葉を返さないことをみて、幻撞は、柚巴はまだ状況を把握できていないとでも思ったのだろうか、そうやって加えて説明をしてきた。
 いつものにこにこ顔などみじんもなく、いたって真剣そのものの顔をしていた。
 幻撞の顔から笑みが消える……。
 そのことは、この状況がどれほど大変なのかということを、顕著に物語っているといえよう。
「あれがあれば、あと二人くらいの命は救えたものを……」
 そのような幻撞の横で、虎紅が思わずつぶやいていた。
 苦しそうでいて、辛そうに顔をゆがめ。
 それはまるで、自分をも責めているようだった。
 あの時、伽魅奈を見とがめた時、もっと違った対処をしていれば、このような事態にはならなかったかもしれないと思うと……悔やまれてならない。
 虚空薬を手にとろうとしていた伽魅奈を見つけて、思わず叫んでしまっていた。
 あの時、多少、冷静さを欠いていたかもしれない。
 その薬をとられては、柚巴の命が危ないと思ったから、だから……。
 そうやって、自分に言い聞かせようとするけれど、やはり心は理解してくれない。
 締めつけられるような思いが、ぎりぎりと胸を痛めさせる。
 そのような幻撞の言葉と虎紅のつぶやきを耳にした華久夜が、ベッドの中から苦しそうに言葉をもらしてきた。
「薬なら、一人分残っているわ……。だけど、やはりそれだけでは足りないわね」
 そうやって、紗霧羅がその手に持つ、一人分のパルバラの薬が入った小瓶を指差した。
 その指は頼りなく、そしてふるふると震えている。
 華久夜には、手を上げることすら、もう限界となっているようである。
「華久夜さま……!? それは、あなたにわたしが差し上げたもの……!」
 華久夜のその言葉を聞き、幻撞が慌てて華久夜を見つめた。
 まさに、その薬は、先ほど、華久夜を救うために紗霧羅に持たせたものだから。
 その薬を、今苦しんでいる華久夜に使わなくてどうするというのか。
 貴重なパルバラの薬は、王族から使われていく。
 それが、この限夢界の裏のルールである。
 たとえその薬を他の誰かに譲るとしても……譲る相手は限られる。
 ならば、今苦しんでいる華久夜に……。
「ええ。だけど、わたしには必要ないから。だから、本当に必要な人にあげてちょうだい。……これくらい、自力で治してみせるわ」
 いつになく慌てた様子の幻撞を、まるで鼻であしらうように、華久夜はくすっと笑みをもらす。
 そんな、自信たっぷりの、いかにも華久夜らしい言葉とともに。
 しかし、額ににじむその脂汗が、華久夜の限界を伝えている。
 どんなに強がってみても、その事実は覆すことはできない。
 かえって痛々しく思えてしまう。
 そのような華久夜に、幻撞はふうとため息をもらし、諦め顔をつくった。
 そこにいた使い魔たちも、莱牙をのぞき、皆諦めたように華久夜を見ている。
 恐らく、今の華久夜には何を言っても無駄だろうな……と。
 柚巴同様、華久夜も頑固者だということを心得ている。
 それでもどうにも納得できないのが、莱牙だけれど。
 そんな使い魔たちを見て、華久夜はやはり、不遜にふるまい、言葉を続ける。
「それよりもはやく、柚巴に教えてあげてちょうだい」
「あ……! そ、そうでした!」
 華久夜の言葉に、はっと我に返ったように、竜桐はそう声を上げた。
 同時に、他の使い魔たちの間にも、ぴりりとした緊張の空気が流れる。
 一気に、その場が張りつめた。
 そんな雰囲気の中、竜桐はゆっくりと柚巴に視線を移し、重苦しそうに見つめる。
 柚巴も、そのような竜桐をまっすぐと見つめ、一つ息をのんだ。
 そんな中、世凪ただ一人だけが、ちっと悔しそうに舌打ちをしていた。
 世凪にとっては、それを柚巴に教えることは、この上なくおもしろくないことである。
 そして、いちばんさけたかったことでもある。
 それを聞いた時の柚巴の反応が、手に取るようにわかってしまうから――
「パルバラの実は、この世界でもごく限られた場所、天空楼(てんくうろう)という場所にしかないパルバラの木からとれます。しかし、その天空楼へは、行きは簡単に行けますが、帰りが……。いえ、ほとんど帰って来られないのです。何故だかはわかりません。何しろ、今まで無事に帰って来た者がいませんから……。何人かは帰って来るには帰って来られましたが、それは命との引きかえに……でした。そんな危険なところなのです。天空楼という場所は。ですから、そこでしかとれないパルバラの実も、とても貴重なのです。かつて持ち帰られたパルバラの実でつくった薬は、もう一人分しか残っていませんし……」
 やはり、予想していたこととはいえ、竜桐がそれを告げると、さらにその場の空気が重くなった。
 絶望感が漂う。
 今、竜桐の口から告げられたことは、とんでもないことだったから。
 限夢人でさえ、そんな危険をおかさずには手に入れられないパルバラの実とは……。
 なるほど、だから限夢人は、あれほどにもパルバラ病を恐れていたのか。
 感染力の強い、致死率の高い病気。
 しかし、その病気にも特効薬はある。
 それが、パルバラの薬。
 その薬は希少という。
 その意味を、柚巴はようやく理解できたような気がした。
 死を覚悟してまで、他人のためにそれを手に入れに行こうとする者など、そうそういるはずがない。
 柚巴とて、それは、ためらわれることだから……。
 いや。柚巴の場合、持ち帰ることすらなく、そこで息絶えるかもしれない。
 人間の柚巴は、限夢人より、はるかに脆弱だから……。


* TOP * HOME *
update:04/04/25