告げる思い
(1)

 息急き(いきせき)切り、帰宅し、リビングに飛び込んだ。
 そこでは、きっとあの人が、ソファにふんぞりかえり、得意げな笑みを浮かべ、柚巴の帰りを待ってくれているはずだから。
 もちろん、そのまわりには、柚巴の信頼する使い魔たちもいるだろう。
 それもまた、心をほんわかとあたたかくしてくれる。
 大好きで大切な人たちにかこまれた空間。
 柚巴は、それが大好きだから。
 ドキドキはずむ胸をそのままに、リビングに飛び込んだ瞬間、そのはずむ胸も、一気に落ちついてしまった。
 ……いや? とまるかと思った。
 何しろ、そこにいるはずのない者たちがいたから。
「ええ!? どうして、華久夜ちゃんと虎紅さんがいるの!? ……ううん。そうじゃなくて、どうやって……?」
 また違った意味で、ばくばくといいだした胸に手をあてる。
 優雅にお茶を飲む華久夜と、控えめにそこにいる虎紅を凝視する。
 華久夜は、テーブルの上のバスケットから一枚ビスケットをとり、それをさくりと一口口にする。
「世凪に、つれてきてもらったのよ」
 ちろりと、意味ありげに柚巴に視線を流し、けろりとそう言ってのける。
 それから、「このビスケット、なかなかいけるじゃない」なんて、そんなどこかのグルメみたいに、ビスケットの批評をはじめる。
「え? 世凪に?」
 柚巴は、胸にあてる手をゆっくりとおろしながら、華久夜へ歩み寄る。
 その道すがら、やはり、するりと現れた竜桐に、鞄を略奪された。
 こんなに重いものを、いつまでも姫に持たせておくわけにいかない、とでも言うかのように。
 本当に、このお父さん≠フ過保護っぷりは、はなはだしい。
「ええ。大切な用があるからね」
 ことりとカップを持ち上げ、その中の液体をすうっとのどへと流し込む。
「大切な用?」
 そんな華久夜の横に、ぽすんと腰をおろし、柚巴は不思議そうに首をかしげる。
 たしか、以前も、このようなことがあった。
 今ほど、世凪がみんなに受け入れられていなかった頃、華久夜はちょっとふざけた理由で、世凪に人間界へつれられてきた。
 ……たてまえはふざけた理由だったけれど、本当は、もっと大切で、柚巴を思ってのことだった。
 そんなことがあるから、柚巴は、ちょっぴりつっこんだことを考えてしまう。
 きっと、また、華久夜は、柚巴を守るために来てくれたのではないか……?
 そして、それを素直に言うことに照れているのでは?
 そんな都合のいいことを考えてしまう。
 だけど、きっと、それは、間違っていないような気がする。
 何しろ、智神・タキーシャが、柚巴の危険を知らせたばかりだから。
 それがなければ、純粋に、華久夜は遊びにきたのだろう、と思わないこともないけれど。
「ええ。とっても大切な用よ。――ねえ、虎紅?」
 もう一口お茶を口にふくみ、にっこりと虎紅に微笑んでみせる。
 やはり、その笑みには、どこか含みを感じて……。
 華久夜が、何かをたくらんでいることが、容易に推察できる。
「はい。華久夜さま」
 華久夜に視線を向けられた虎紅は、妙に真面目にそう一つうなずく。
 そして、二人、目配せをする。
 だから、柚巴は、ますます首をかしげてしまった。
 本当に、この二人は、何をたくらんでいるのだろう?
 いたずら好きの華久夜のことだから、よからぬことをたくらんでいるのだろうけれど……。
 でも、そこに、真面目な虎紅まで同調するとも思えないし……?
 しきりに首をひねる柚巴をそっちのけで、華久夜と虎紅は、すっと柚巴の前にたった。
 そして、虎紅にいたっては、そこにひざまずいてしまった。
 虎紅のその行動に、柚巴はぎょっと目をみはる。
「ど、どうしたの? 二人とも、あらたまって……」
 慌てて柚巴も立ち上がろうとしたけれど、それは華久夜によって制されてしまった。
 再び、ソファにぽすんと身を沈められる。
 半ば渋々といった様子でソファに腰をおろす柚巴を確認し、華久夜はまた、ちろりと虎紅に視線を流す。
 すると、虎紅もそれにこたえるように、首を小さく縦にふった。
 そして、それが合図かのように、二人はまっすぐに柚巴を見つめてくる。
「我々を、使い魔にしてください」
「はい!?」
 まっすぐに向けられるその顔から、その言葉が出た瞬間、柚巴のすっとんきょうな声が上がっていた。
 それは、予想の範疇だったのか、その言葉を発した虎紅も、その横にいる華久夜も、動じていない。
 まっすぐに、柚巴を見つめたまま。
 そして、この場にいる使い魔たちも、あらかじめそれを知っていたかのように、涼しい顔でこの事態の成り行きを見守っている。
「だから、わたしたちを、柚巴の使い魔にしてと言っているの」
 ずいっと人差し指を柚巴に向け、不遜に華久夜が言い放つ。
 ――だめ押し。
「え? ちょ、ちょっと待ってよ。華久夜ちゃん。いきなり何を……。それに、もうパルバラ病が流行しても……」
 柚巴は、ぐるぐると、目も頭もまわしはじめてしまった。
 本当に、いきなりやってきたかと思えば、いきなりそんな爆弾発言。
 何かのドッキリかととられても不思議でないその申し出。
 混乱せずにはいられないだろう。
 あたふたと慌て出した柚巴に、華久夜と虎紅はふっと優しい笑みを向ける。
 まるで、柚巴のこの反応が、はじめからわかっていたかのように。
 事実、華久夜にも虎紅にも、柚巴は絶対混乱するだろうと、そうわかっていただろう。
 わかっていて、あえて、唐突に切り出したのかもしれない。
 ……その方が、おもしろいから。
「あなたが危険にさらされている時に、力になれないのは嫌なのです」
「そうよ。わたしも、柚巴を守るわ」
 ひざまずいたまま、虎紅はまっすぐ柚巴を見つめてくる。
 華久夜も、するりと柚巴の両手をとり、きゅっとにぎりしめる。
 そらすことなくまっすぐに向けられたその二対の目に、柚巴は複雑な表情を浮かべる。
 何をどう答えればよいのかわからないというように。
 恐らく、その目から、彼らの言葉に、決意に、一片のくもりもないのだろうことはわかる。
 しかし、だからといって、それを容易に受け入れられるわけがない。
 今は、あの時とは事態が違う。
 そして、柚巴にはもう、使い魔として、限夢人をしばりつける気はない。
 パルバラ病の脅威がなくなった今、それも必要のないはずなのに……?
「……危険って……この間、莱牙さまたちが知らせにきてくれたこと? 多紀くんに言われたという……」
 ――そう。
 いくら危険が迫っているといっても、これまで、新たに柚巴の使い魔になろうという者はいなかった。
 そんな契約などせずとも、みんな柚巴を守ってくれていた。
 ……それに、柚巴はあまえていた。
 ――では、そう考えると……使い魔の契約なしに人間を守るのは、もしかして、限夢人のプライドがゆるさないとかそういうもの?
 いや。それも違う。
 王族の中には……限夢人の中には、人間に仕えることこそ、限夢人の名折れとする者がいる。
 メリットのなくなった今、使い魔になろうなど……。
 正気の沙汰ではない。
 ……そうののしられたっておかしくないはずなのに……?
 やっぱり、わからない。
 ただ、柚巴が危険にさらされているというだけで、どうして今さら使い魔になど……。
「……ええ。そうなるわね」
 華久夜は、何の誤魔化しもなしに、きっぱりとそれを認めた。
 柚巴が危険だから、柚巴を守るため、柚巴の使い魔になる、と。
「だけど、それだけで?」
 余計、混乱する。
 ますますわからない。
 どうして、それだけで、使い魔に?
 繰りかえすが、使い魔になっても何のメリットもない。
 それどころか、限夢界の王子様の婚約者となった今、使い魔などいなくたって……。
「それだけで、です」
 まだ何かを言おうとする柚巴の言葉をさえぎり、虎紅がきっぱりとそう言い切る。
 そして、三人、何かを語るように、何かを試すように、じっと見つめあう。
 それが、一体、どれだけ続いた頃だろうか。
 ふいに、あきらめたように、柚巴が口をひらいた。
「……二人とも、何があったの?」
 二人は、その問いには答えようとはしなかった。
 それは、暗黙のうちに、肯定の意を柚巴に与えてしまった。
 重く、息苦しい空気が、流れる。


* BACK * NEXT *
* TOP * HOME *
update:06/04/12