莱牙の憂鬱
(7)

「あら? 紗霧羅、盗み聞き? あまり感心できないわね。それに……いばら姫って?」
 紗霧羅をちらっと見て、華久夜はにっこりと不敵に微笑んでみせる。
 それは、いつも莱牙に向けられる、あの小悪魔の微笑みだった。
 さりげなく……わなわなと、そのふわふわの金の髪が莱牙へのびていっていることは、この場合、触れてはいけないことだろう。
「とげとげしいお姫様ってことです」
 そんな、明らかに怒りはじめている華久夜に、火に油を注ぐように紗霧羅はさらりと言い切る。
 華久夜に負けないくらいの、にっこりとした不敵な笑みを満面に浮かべ。
 二人の間に、目に見えない火花がばちばちと散っているように見えるのは、恐らく気のせいではないだろう。
「紗〜霧〜羅〜……!!」
 華久夜のふわふわの金の髪が、ざわざわとうごめく。
 そして当然のことながら、それはゆらゆらと莱牙の首へとのびていって……。
 犬と猿よろしくの図が出来上がってしまった。
 あわや、華久夜の髪が莱牙の首に巻きつこうかというところで……。
「スト〜ップ!!」
 柚巴が、二人の間に割って入ってきた。
 よって、危機一髪、莱牙は華久夜に絞め殺されずにすんだようである。
 しかし、華久夜の怒りはそれでおさまるはずもなく、ぎぎぎぎと音が鳴り出さんばかりのするどい眼差しで、紗霧羅をにらみ続ける。
 紗霧羅は紗霧羅で、にたにたとした笑みを、ひょうひょうと華久夜に向けるだけで……。
「もう、二人ともっ。いつもいつも喧嘩ばっかり!」
 むうとふくれた柚巴に、きっとにらみつけられてしまった。
 もちろん、腹立たしいとか憎いからにらみつけているのではなく、「喧嘩はやめなさい」という仲裁の意思をもって。
 そんな仲裁してくる柚巴がこの場合はおもしろいはずがなく、華久夜は相変わらずのふてぶてしい態度でにっこりと微笑んでみせる。
「あら? 柚巴。いつの間……」
 たしか、お兄様といちゃついていたのじゃないの?
 さすがに、そう続けられはしなかったが、その目が明らかにそう言っている。
 そんな華久夜に、柚巴はくらりとめまいを覚える。
 あまりにも、こどもっぽくばかばかしい争いを続ける華久夜と紗霧羅に。
 さらに、仲裁に入ったばかりに、その矛先がゆがんだ方向へと向きつつある状況に。
「あのねえ、華久夜ちゃん。さっきからぼそぼそ言っているの、全部聞こえているのよ?」
 もぞっと体をよじり、柚巴はうつむき加減にそうつぶやく。
 その顔はほんのりと紅色に染まり、その言葉が嘘ではないことを証明している。
 つい先ほどまで、華久夜たちがかわしていた会話は、たしか……。
「あら? 聞こえていたの? それは残念ね〜」
 明らかにそうは思っていない声色でそう言うと、華久夜はころころと笑い出してしまった。
 これは……完全に、柚巴はからかわれている。
 つい今しがたまで華久夜が言っていたそれは、莱牙が柚巴を……ということだったのだから。
 いくら鈍い柚巴でも、さすがに、そこまであからさまに言われると、気づいてしまうだろう。
「もう。華久夜ちゃんてば、いつもいつもそうやってすぐ人をからかうのだからっ!」
「からかいがいのある柚巴が悪いのよ?」
「華久夜ちゃん!!」
 顔を真っ赤にして、むっすうと華久夜をにらみつける柚巴を、華久夜はさらりとあしらう。
 柚巴へのそれをもう隠そうとはしない華久夜は、たちが悪すぎる。
 柚巴の後ろでがっくりと肩を落としうなだれる莱牙を見ると、気の毒で仕方がなくなる。
 そんな華久夜に、柚巴はさらにむっつりと目をすわらせていく。
 そして、おもむろに華久夜の腕をがしっとつかみ、ずんずんとホールへと歩いていく。
 どうやら、ここでこうやって言い合っていても、自分がどんどん窮地に追い込まれると思ったのだろう。
 柚巴にしては、賢明な判断である。
 いつもなら真っ先に莱牙がからかわれて遊ばれるところだけれど、今夜に限っては、柚巴で遊んだ方が楽しい、そう思ったのだろう。
 たしかに、もう柚巴が好き……ということに関し開き直っている莱牙をからかって遊ぶより、ようやく莱牙の気持ちに気づきはじめた柚巴をからかって遊んだ方が、幾分楽しいだろう。
 ……いや、思いっきり楽しいに違いない。
「あはは。まったくもう。華久夜さまは、本当に柚巴が好きなのだから」
 ホールの明かりの中に消えていく二人の姫君を見送り、紗霧羅は優しく微笑み、そう言っていた。
 その目は、あたたかく、真っ白な姫君ととげとげのいばら姫を見守っている。
「それで、莱牙さま? とうとう知られちゃいましたねえ? ――と言っても、すでに知られていたけれど?」
 二人の姫君を見送ると、夜の闇に身を置く莱牙に振り返り、にやりと微笑んでみせた。
「うるさい!!」
 当然、瞬間、莱牙の怒声が響く。
 ぷいっとそらした顔は、マントで隠されている。
 そしてその中で、顔を真っ赤にさせ、悔しそうに舌打ちしていることなど……紗霧羅にはお見通し。
 くくっと殺しきれない声をもらし、笑っている。
 そんな紗霧羅に、莱牙は爆発寸前のように、ぶるぶると体を震わせている。
 そのような莱牙たちの様子を、バルコニーのてすりをぎゅっとにぎりしめ、未鵺は切なそうに見ていた。
 ホールからの光をほんのりと受け、からかう紗霧羅とからかわれる莱牙は、とても楽しそうに見えるから……どこかやりきれない。
 こんな残酷ともとれる会話で、冗談を言い合える仲なのだと思うと……。
 莱牙が、いかに遠い存在であるかつきつけられたような気がする。
 今日会ったばかりの未鵺には、どんなに頑張っても、莱牙は決して、そこまで心を許してくれない。
 いや……今日だけでなく、恐らく明日も明後日もずっと先も……。
「はいはい。じゃあ、傷心の莱牙さま。そろそろ戻りましょうか? 今日の主役の一人がこうも長く席をはずすと、後が怖いですよ?」
 マントで顔を隠す莱牙の腕をその上からぐいっとつかみ、紗霧羅は強引に引っ張る。
 莱牙もたいした抵抗の素振りを見せることなく、素直に一歩足を踏み出す。
「後……?」
 そんな疑問の言葉を添えて。
「ええ。後ですよ。世凪に……王子様にいたぶられます」
 くるっと振り返り、紗霧羅はどこか意地悪げに、そうにっこりと笑ってみせる。
 すると、莱牙は一瞬驚いたように目を見開いた後、くしゃりと顔を崩した。
「違いない!」
 そう言って、「あはっ」と、中途半端な笑いをもらす。
 そして、じっと紗霧羅を見て、微苦笑を浮かべた。
「行くぞ、紗霧羅」
「はい」
 今度は逆に、莱牙が紗霧羅の腕をつかみ、すたすたとホールの中へと戻っていく。
 まるで夜風を切るように、颯爽と去っていく莱牙の姿は……やはり、王族なのだと未鵺に思いしらせた。
 遠い存在で……そして、莱牙は最後まで、未鵺を気にすらかけてくれなかった……。
 結局、未鵺は、莱牙に何も言うことができず、こうやって、光の中に消えていく二人を悲しげに見送ることしかできない。
 どうやっても、莱牙のあの視界の中に、未鵺は入ることはできないのだろうか?
 もっと努力をすれば……あるいは――


* BACK * NEXT *
* TOP * HOME *
update:04/11/04