お姫様のお気に入り
(19)

 華久夜がどうしようかと悩み視線をさまよわせていると、ぴたっとある一点でとまった。
 そこでは、「今よ、言っちゃえ!」と声には出さず口を動かし、柚巴が華久夜に声援を送っていた。
 視線が合うと力強くうなずきにっこり笑う柚巴を見て、華久夜の気持ちがぐらっと揺れる。
 そして次に、少し視線をそらしたところで、紗霧羅と莱牙が肩をすくめ、「年貢の納め時だ」と微妙に腹が立つことをやっぱり声にせずつぶやいている。
 そのにやにやした顔が、なんだかとってもムカつく。
 もう一度柚巴へ視線を戻すと、今度はともにそこにいる世凪の姿が目に入ってしまった。
 意識して入らないようにしていたのに、あっさり失敗してしまった。
 世凪は、とても愉快そうににやにやいやらしく笑っている。
 明らかに華久夜の窮地を楽しんでいる。
 瞬間、華久夜の中で、何かがぶちっとぶっちぎれた。
 顔をさっと戻し、玲依をきっとにらみつける。
 そして、力いっぱい叫ぶ。
「だって、わたしには将来を誓い合った恋人がいるもの!」
「ええっ!?」
 瞬間、華久夜の横でおろおろしていた虎紅が、こちらも力いっぱい叫んだ。華久夜から、ずさっとのけぞる。
「って、ちょっとそこで何を盛大に驚いているのよ、虎紅!」
 思わずのけぞってしまった虎紅の腕をがしっとつかみ、華久夜は憎らしげに引き寄せる。
 そう、そこで思い切り、心の底から驚くとは、なんと失礼なのだろう。
 失礼を通りこして、これはある意味裏切り行為。
 華久夜はそうと思っていたのに、虎紅はそうは思っていなかったということ!?
 だったら、ムカつく。腹が立つ。憎らしい。いまいましいっ。
 華久夜はこんなに、虎紅のことを思っているのに。
「だ、だって、華久夜さま、将来を誓い合ったって……っ」
 突然の華久夜の宣言と、そしてにらみに、虎紅はどう対応すればよいのかわからず、慌てふためいている。
 いつも冷静な虎紅には珍しい。
 それほど、動揺しているということだろう。
「何!? 嫌なの!?」
 華久夜は、虎紅の腕をつかむ手に、ぎりっと力をこめる。
 肉だけでなく、骨までみしみしいっている。
「い、いや、嫌とかそういうことじゃなく……」
 虎紅はやはり、わたわたしながら、歯切れ悪くそれだけをどうにか答える。
 しかし、それは華久夜の怒りに油をそそぐだけだった。
 今度は虎紅の胸倉をつかみあげ、にらみつける。
「ああもうっ、うじうじうじうじうっとうしいわね。虎紅は私が嫌いなの!?」
「いえ、むしろその逆、大好きです!」
 華久夜にはじかれるように、虎紅は力いっぱい叫んだ。
 華久夜は一瞬、あっけにとられたようにぽかんと口をあけた。
 けれどすぐに、得意げににっと笑った。
 虎紅の胸倉をつかむ手をすっとはなし、そのままぽんと胸をたたく。
「だったらそれでいいじゃない」
 そして、両手を腰にあてふんぞり返る。
 けれど、虎紅は苦しげに顔をゆがめた。
「し、しかし……」
「しかしもかかしもない。身分とかそんなの関係ない。わたしは、あなたが欲しいと言っているのよ」
 虎紅の両手をにぎりしめまっすぐ見つめる華久夜が、きっぱり言い切った。
 瞬間、虎紅の顔が真っ赤に染まった。
 先ほどとはまた違ったふうに、あたふた慌てだす。
 もう手の施しようがないほど顔を赤くしておたおたする虎紅に、華久夜はふっと口の端をあげる。
 それから、虎紅の頬に手をのばし、そっと触れた。
 華久夜は気持ちを落ち着かせるように、一度小さく深呼吸する。
 まっすぐに虎紅を見つめる。
「虎紅、約束したわよね? なんとかするって」
「たしかにしましたが……。これはあまりにもいきなりすぎて」
 あまりにも性急すぎる華久夜の言葉とこの展開に、虎紅の頭ではなく気持ちがついていけていない。
 今どのような状況か頭では理解できていても、それを受け入れうまく整理できるだけの心の余裕はない。
 煮え切らない虎紅の態度に、華久夜は尋問するように目をぎらっと光らせた。
「虎紅、あの約束は嘘なの?」
「嘘ではありません。いずれその時はとわたしも思っています。いきなりすぎて、ただちょっと驚いているだけです」
 虎紅も負けじと顔をひきしめ、それだけはきっぱり告げる。
 気持ちがついていけていなくても、それはあくまでこの急展開にであって、二人の将来≠ノついてはしっかりついていけている。
 ついていけているどころではない。ずっとずっと虎紅も考えていること。
 将来を誓い合った仲≠ノついては、異論などまったくない。
 むしろ、華久夜もそう思っていたのだとわかり嬉しい。
 虎紅の迷いのない返答に、華久夜は満足そうにふんぞり返る。
「うふふ。じゃあ、いいわね。今がその時よ。虎紅、わたしのものになりなさい」
 自信たっぷりに言い放つ華久夜に、虎紅は思わずあんぐり口をあけてしまった。
 けれどすぐに、くすっと笑いをもらす。
「……ははは。華久夜さまには負けました」
 そして、両手を小さくあげ、完敗のポーズをとる。
 それを見届け、華久夜はやっぱり満足そうににんまり笑う。
「当たり前じゃない。わたしに勝てると思ったら大間違いよ」
 華久夜は得意げにどんと虎紅の胸をたたき、玲依へくるりと振り返った。
 びしっと、人差し指を玲依につきつける。
「そういうことだから、お父様、茉の話はさっくり断ってちょうだい。わたし、虎紅じゃないと嫌なの」
 華久夜はそう言い放つと、口元に手をあて、高らかに笑い出す。
 開き直った華久夜には、もう怖いものはないといったよう。
 ――そう、華久夜は開き直った。
 ここまできたら誤魔化していたって埒が明かないので、虎紅との仲をカミングアウトしていつもの調子を取り戻す。
 もともと、隠れてこそこそするような性分ではないので、ぶっちゃけてしまえばいっそ清々しい。
 これでこそ、華久夜。
 開き直るどころか自信すら放つ華久夜に、玲依は微苦笑を浮かべる。
 暴走をはじめた華久夜は誰もとめられないことを玲依も知っているので、もう呆れ、諦めてしまったらしい。
 気の毒そうに、茉の肩をぽんぽんとたたく。
 それだけで、言葉にしなくとも、茉は玲依が何を言いたいのか悟った。
 いや、玲依に肩をたたかれなくとも、茉はもうすでに悟っていた。
 茉は肩を落とし、こくりとうなずいた。
 きっと、こうすることがいちばんいい。
 下手にしつこくしたって、むなしくなるだけ。
 自分のものにはできないと悟った時点で、とるべき行動を茉はわかっていた。
 そして、その考えのまま動いた。
 その結果がこれというだけ。


* BACK * NEXT *
* TOP * HOME *
update:09/10/06