恋するマリオネット
(57)

「これはこれは……」
 ノートパソコンのディスプレイを見ながら、ランバートがにやにやと笑っている。
 パソコンが置かれたガラステーブルに両肘をつき、実に楽しそうに笑っている。
 そのようなランバートを、グラスとワインボトルを持ってきたジョルーが、呆れたような、軽蔑したような眼差しで見下ろしている。
 先ほど、このなまぐさ神官は、アルコールが飲みたいとジョルーにおねだりをしていた。
 後が大変なので、それくらいのおねだりなら聞いてやるかと、ジョルーは渋々承諾した。
 そうして、不服ながらも用意をして持ってきたら、……この有様。
 ノートパソコンのディスプレイには、何故だか萌歌とフィガロットの姿が映し出されている。
 二人の服装から、どうやらそれは生中継されているよう。
 つまりは、そういうことだろう。
 まさか、リビングに隠しカメラを仕込んでいようとは。
 よもや寝室には仕込んでいないだろうと、そのような微妙なところで願わずにはいられない辺りが、なんとまあ、頭の痛いことか。むなしいことか。
 さすがに、そこまでされては、ジョルーだって黙って見過ごすわけにはいかない。
 そう、寝室になどと……。
 もし間違って、この後、このディスプレイの二人が……なんてことをもにょもにょ考えて、ジョルーはぼんと顔を真っ赤にさせる。
 このくされ神官じゃあるまいし、そのような下世話な想像をめぐらすなど、なんとはしたないことか。なんと破廉恥な。
 まあ、そこまでいかなくても、今でも十分犯罪だけれど。
 これでは、悪徳どころか、思いっきり犯罪者ではないか。
 このような神官が最高神官などとは……終わっている。――今さらだけれど。
 そもそも、最高神官とは、不思議な力を持っていなければならないから、このような明らかな犯罪者でもその地位につけなければならない。
 何故ならば、次の王となる王の子の伴侶を召喚するという大切な儀式を、最高神官は執り行うから。
 それは、最高神官に犯罪者をすえることより優先される。
 そこで、少なからず王族の血が流れている者がその地位につくのだけれど……。
 だから、この神官も、そのような血の流れの者のはずなのに……。
 それが、どれほど王族にとって苦しめられるものか心得ているはずなのに、その運命を楽しむなどとは……。
 さすがは、悪徳神官。
 それ以前に、そのような悲しい定めの王子の願いを云々と、たしかこの神官は言っていたはずなのに、よりにもよってその王子相手に犯罪を犯してどうする。犯罪を犯して。
 ジョルーの肩が、がっくりとたれる。
「何を楽しまれているのですか? ランバートさま」
 そこへ、つまみを調達してきたギリッシュがやってきて、不思議そうにディスプレイをのぞきこむ。
 同時に、パソコンのすぐ横に、あてつけるようにジョルーがワイングラスをどんと置いた。
 そのジョルーの振る舞いに、ランバートの無言の眼差しがそそがれる。
 それから、ランバートはゆっくりとギリッシュへ視線を移していき、怪訝そうに顔をゆがめた。
 どうやら、どちらも、ランバートは気に食わないらしい。
 ディスプレイをのぞきこむギリッシュの顔が、軽蔑するようにゆがんでいる。
 いくら非常識神官だといっても、さすがにこのような犯罪を犯すとは思っていなかったらしい。
 ……まだまだランバートのことをわかっていない。
「お前も驚いたか? 楽しいだろう? まさか、これほど早くこういうことになるとはね。フィガロットさまのことだから、まだまだ時間がかかると思っていたのに……」
 ギリッシュをにらみつけるその目は、次の瞬間にはそうしてまたにたにたと笑う。
 本当に、ディスプレイに映し出されたその光景は、なんと愉快なことだろう。
 ふと、優しげにランバートの目が細められる。
「萌歌さんは、本当にこれでいいのでしょうか?」
 しかし、ランバートのそのさりげない幸せをぶち壊すように、ギリッシュがそうつぶやいた。
 その顔は、どこかおもしろくなさそうに曇っている。
「ギリッシュ? 何を……」
「だって、見ていてわかりましたよ。萌歌さんは、強がっているだけで、本当は……。――今のフィガロットさまを見ていたら、誰でも流されてしまいます」
 ギリッシュはきゅっと顔をゆがめ、はき捨てるようにそう言い放つ。
 その目は、どこか苦痛にディスプレイをにらみつけている。
 ギリッシュの言動に、ランバートとジョルーは怪訝に顔を見合わせる。
 ふと、何かよくないものを予感してしまったというように。
「お前は、歓迎しないと……?」
「そこまでは言っていません。ただ……」
 すっと向いたランバートの冷たい眼差しに、ギリッシュはきゅっと顔をゆがめる。
 ……いや、その顔は、冷たい眼差しに反応してのものではないだろう。
 何しろ、先ほどからずっと、ギリッシュの目は、ディスプレイの中でフィガロットに抱きしめられる萌歌しか映していないから。
 その目が、物言いたげに切なくゆらめいている。


* BACK * NEXT *
* TOP * HOME *
update:08/05/22