誰かを犠牲にしなければ守れない神様なんていらない。
 誰かを犠牲にしなければ得られない幸せなんてほしくない。

 大切なものは、自分の手で守り抜く。
 幸せは、自分の手でつかみとる。
 あなたがいれば、どのようなことにでも挑んでいける。
 不可能も、可能に変えてしまえそうな自信がわいてくる。

 青と緑と、そして白の中、美しい色とりどりの花々が咲くその国。
 まるで不思議の国のよう。
 そこには、恋するマリオネットが住んでいる。

 嬉しくて、幸せで、だけど切なくて、思わず涙が出た。
 まだまだ手探りですすんでいかなければならないけれど、だけど、それも楽しいと感じられる。
 あなたがいるだけで。
 ならば、それはきっと間違いじゃない。
 これから歩む道は、きっと幸せを運んできてくれる。
 そう信じて、今日を明日を歩んでいこう。
 あなたがともにいる限り、それは進むべき正しい道。

 神様も王様も神官も薬師も、そして運命の乙女とか、そういうもの全部がこの国からなくなるのは、もう少し後のこと。
 そして、恋するマリオネットがいる国の近い未来のおとぎ話となる。


恋するマリオネット おわり

* BACK *
* TOP * HOME *
update:09/03/28